レンズの役割

レンズはメガネの使用目的に合わせて選ぶことが重要。見えすぎて疲れる場合や、逆によく見たいときに見えないメガネだと、メガネを掛けることがストレスになりかねません。レンズには「単焦点」と「多焦点」があります。用途に合わせ、それぞれのレンズを選ぶことが重要です。

単焦点

遠視・近視・乱視すべてに効果的です。度数は一つですが、一般的な視力補正にはこのタイプのレンズが使用されます。

近視は凹レンズ

目の調節を休めたとき、光が網膜の手前で像を結んでしまう状態が近視です。近視は凹レンズを使って補正します。

遠視は凸レンズ

目の調節を休めたとき、光が網膜の後ろで像を結んでしまう状態が遠視です。遠視は凸レンズを使って補正します。

乱視は円柱レンズ

光の方向により焦点を結ぶ位置が異なる状態が乱視です。角膜や水晶体の歪みを矯正するため、水平と素直で度数の違う円柱レンズを使います。

多焦点

掛け替えの必要もなく、近くと遠くを見られるレンズです。一般的に「遠近両用」と呼ばれるレンズ。さらに細分化すると「遠中近タイプ」「中近タイプ」「近近タイプ」に分類されます。各タイプの特徴は次の通り。

遠中近タイプ

メガネの掛け替えなしに、遠くも近くも見られるレンズ。
広い視界を確保できるので、車の運転時の使用に便利です。

中近タイプ(室内専用)

手元から約2メートル先まで鮮明に見えるので、室内での仕事や家事に最適なレンズです。
長く遠くを見る場合は使用できません。

近近タイプ(デスクワーク専用)

手元の視界を鮮明にし、広く見せるレンズです。
パソコンや読書に最適ですが、車の運転のように遠くを見るときは使用できません。


このページの上部へ