フレームの素材

メガネのフレームに使われる素材は、お客様や時代のニーズに合わせて変化しています。現在主流なのはメタルとプラスチック。ふたつの特徴をご紹介しています。

メタルフレーム

チタンやニッケル合金などの金属を使ったフレームを「メタルフレーム」と呼んでいます。現在の主流はチタン素材。耐久性と弾力性があり丈夫ですが、加工を施すには高い技術力を要します。素材によっては金属アレルギーを起こす場合もあるので、心配な方は使用している金属材をスタッフに聞いてください。最近はフレームが曲がっても元に戻る、形状記憶フレームも出ており、さまざまな用途に対応しています。

プラスチックフレーム

メタルフレームに比べ耐久性は劣りますが、カラフルな色づかいやボリューム感のあるデザインなど、バラエティーに富んだ種類があります。金属アレルギーの心配もないため、好きなデザインから選ぶことが可能です。種類としては、衝撃に強い「セルロイド」、現在の主流「アセテート」、曲がっても折れない「超弾性樹脂」など、さまざまな種類が出ています。


このページの上部へ