目の仕組みと役割

目は複雑に組織や神経が張り巡らされており、脳へ映像の情報を送っています。情報の9割を視覚から得ているといわれており、毎日の生活の中で重要な役割を果たしています。

  • 眼球断面図
  • 毛様体と水晶体の調節による変化

目の構造

目という器官は単体で「もの」が見えているわけではなく、情報を収集するための器官です。目から入った光などの情報が視神経を伝わって脳に伝達されることで、「もの」を視覚的に認識されます。この目と脳の構造は、カメラとモニターのような関係です。

水晶体・角膜・毛様体

水晶体の役割は、入ってきた光に対し毛様体と呼ばれる組織により厚みを変えてピントを合わせることです。また、角膜は外部からの光を通して屈折させる働きがあります。水晶体は角膜とともにカメラのレンズのような役割を果たしています。

虹彩

網膜に入る光の量を、瞳孔の大きさを調整することにより調節する器官です。瞳孔と同じくカメラの絞りのような働きをします。

網膜

目から入ってきた光の強さや色などを感知し、情報を脳へ送るための組織です。デジタルカメラなどに良く使用されるCCDイメージセンサーのような役割を持ちます。

視神経

網膜の情報を大脳・中脳にまで伝えるための組織です。100万本の神経線維からできており、8割は視覚に関係、2割は瞳孔などが運動する際に関係しているといわれています。

強膜・硝子体

強膜は眼球の外側をつくっている白目のこと。眼球の形を保ち、不必要な光が入るのを防いでいます。硝子体は眼球の内腔を埋めている透明なゼリー状の組織です。強膜とともに眼球の形を保っています。


このページの上部へ