フレームのパーツ

フレームはさまざまなパーツを組み合わせて作られています。
パーツによっては消耗品もあり、長く使うには定期的なメンテナンスが必要。
各部の役割をしっかり知り、「おかしい」と感じたらメガネの点検を受けてください。

パーツの名前

パーツの役割

1 リム

レンズを囲むパーツで、内側にレンズをはめ込む溝があります。現在はリムのないツーポイントフレームや、レンズの下部だけを囲むアンダーリムといったメガネもあります。

2 プリッジ

リムをつなぐパーツです。ブリッジを鼻にのせてメガネを掛けていましたが、パッドが開発されたことで、リムをつなげるだけの役割となりました。メガネの中央に位置しているため、デザインに凝ったものも多いです。

3 パッド(鼻あて)

メガネ全体を支えるのでフィッティングには重要なパーツです。パッドが独立しているフレームは微調整が可能。常に鼻と接触しているため触れ心地が大切です。劣化が早いパーツなので、こまめに交換すると最適なフィッティングをキープできます。

4 智(ヨロイ)

テンプルとリムをつなぐ部分です。テンプルの開閉によって負荷が大きいため、少し丸みを施し極力負荷が掛からないように工夫されています。

5 丁番(ヒンジ)

リムとテンプルをつなぎ、開閉するパーツです。バネを用いたタイプや特殊素材を用いたクッション構造など、さまざまなタイプがあります。長く使っているとネジが緩むので調整が必要です。

6 テンプル(つる)

耳に掛けてメガネを支え、フィット感を決める重要なパーツです。テンプルのデザインや形が、メガネのイメージを左右するので、さまざまな商品が出ています。

7 モダン(先セル)

テンプルの先端部で耳に掛かる部分です。プラスチック樹脂といった素材をかぶせます。プラスチックフレームの場合は、モダンが付いていません。メガネの落下を防ぐため、曲線的なものがほとんどです。


このページの上部へ